転職 面接 リモート

このコロナ禍において面接もリモートで
という企業も増えてきているようです。

そこで、リモートにおける面接について
気をつけなければいけないこと、準備しておいた方がいいことって何でしょうか?

① 通信状態の確認
最近はコロナの影響でテレビの地上波の番組などでもコメンテーターさんなんかがリモートで出演したりしていますが、通信状態が悪くフリーズしてしまったり、音声が途絶えてたシーンをご覧になったことがある方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

あんな状態が大事な面接時に起こったらって思うとゾッとしませんか?

実は、面接ではありませんが、かくいう私も大事なミーティングで通信状態が不安定で困ったことがあります。その時はPCで画面を見ながらスマホで話すといった少し間抜けな状態でミーテイングを続けたんですけどね(^^;

自宅で面接を受けるのであれば、Wi-Fiの通信状況などの確認は必須でしょう。

② 面接に使用するツールのアカウント名は大丈夫?
意外とチェックし忘れるのがコレ。最近はプライベートや友人同士でリモートツールを使うことも多くなってきていて、アカウント名がハンドルネームや数字の羅列のままになっていないでしょうか?

もし、ハンドルネームや数字の羅列のままになっている場合は、本名に変更しておきましょう。プロフィール画像もアニメのキャラなどになっている場合は履歴書用の写真に変更すべきです。

③ 背景は大丈夫?
これはよく言われることですが、面接に限らずリモートの場合、あなたの背景も映ってしまいます。壁に貼ったポスターや衣類がかかったラックなどが映り込むと面接官にマイナス印象を与えないとも限りません。

あらかじめどのように映るのかリハーサルをしておくことも大切でしょう。

④ 面接に使用するツールの使い方は大丈夫?
リモートで面接をする場合、あらかじめ使用するツールが指定されると思います。先方がZOOMを指定してくればZOOMを使わなければいけないし、当然ながらSkypeを指定してくればSkype、Google MeetならGoogle Meetを使用しなければいけません。

それぞれのツールにはそれぞれの使い方があり、使い勝手も違います。ここであたふたするとあなたの良さをアピールするはずの面接も台無しに。普段からいろいろなツールを使って慣れておくことも必要かもしれません。

⑤ 画面を見てしゃべってませんか?
リモートを使用してミーティングや会話をしたことがある方なら経験があると思いますが、意識をしないと画面を見てしゃべってしまって映っている自分は明後日のほうを見ているような印象が。。。

通常、PCに備え付けのカメラは画面上部についていますので、相手の顔をキチンと見ようと画面に顔を近づけると下を向いているような印象を相手に与えてしまいます。

意識してカメラに目を向けて話すことも必要でしょう。

まとめ
通信状態も、アカウント名も、背景も、ツールの使い方も、特に最後のカメラ目線に関しては、リハーサルをしっかりしておいた方がいいかも。準備ってすればするほど安心できるもんです(^^;

あなたの転職活動がうまくいきますように!
あ、うちの息子も転職活動を始めました(^^;

まずは転職エージェントに登録。
来週、面談に行くみたいです。



ちょっと息抜きにこんなのもありますけど↓


転職 30代 女性

ある女性のことについて書きます。

彼女は、お父さんの影響で子供のころから
映画や海外ドラマをよく見ていました。

とにかくいろんな映画や海外ドラマを見た中で
ひとつ心に引っかかっていた映画がありました。

大学3年生になり就活の時期になって
はじめて自分がなりたい職業について確信しました。

彼女のお父さんは、安定した事務職にでも
就いてくれたらと思ってましたが

奥さんを通じて彼女のなりたい職業について聞かされ
「あ~あの映画かあ。。。」とわかってしまいました。

その職業は。。。


↑そう、ウェディングプランナーです。

いくつかの大手と言われるウェディング会社を志望し
エントリーするも次々と不合格の知らせが。。。

本人も親も焦りだした大学4年生の夏前ぐらい?に
大学から合同就職説明会があるといわれ参加したところ

地元のオシャレなウェディング会社さんの目に留まり
めでたく就職。

そして、晴れて子供のころからの夢だった念願の
ウェディングプランナーになったのです!

その彼女とは、そう私の娘です。
気がついてました?(^^;

そんな娘も2度の転職を経験し、今は親元から遠く離れた地方で働いています。
でも、ウェディングプランナーという職種は変わりませんでした。

で、今このコロナ禍の中、ご存じの通り
海外挙式は全滅。リゾート婚も激減。

家族や親戚、友人が一堂に集まる結婚式自体がしにくい環境に。。。

御多分に漏れず、娘の会社も希望退職を募ることになり
娘は、年齢的には対象外にもかかわらず退職を希望。

この年末で今の会社を退職します。
会社からは次の就職先の斡旋や退職金ももらえるとのこと。

親としては少し安心だけど
そんな娘が、先日カミさんにこんなことを話したと↓

ウェディングの仕事からいったん離れてみよっかなあ

パパとしては、寂しいような
何とも言い表せられないちょっと複雑な気持ち。。。

ただ、その後「社長秘書」のクチがあるって話も!?
お給料いいみたいだし、やってみたら?

30代の独身女性の親としたら
早くいい人見つけて~とも思うけど(^^;

まあ、いい転職支援サービスを活用してるみたいだし
うちの娘のことをわかってくれてる
いい転職エージェントさんなのかもしれないなあ。。。





転職エージェント 20代

転職を失敗したなあって思うときってどんなときでしょうか?

残業が少ないって聞いてたけど定時で帰れないとき?
最初に聞いてた給与の額と手取り額があまりに違うとき?
仕事の内容が聞いてた内容と明らかに違うとき?

もちろん、これらの場合「失敗したかも?」ってなるでしょうが、
これらの問題ってある程度防ぐことができると思うんです。

それは、事前のリサーチです!

ネットで会社の評判を検索してみたり(ひどい会社だと働いてた人の悲痛な声が公開されたりしていることも(^^;)、面接で会社の雰囲気や働いてる人の様子(楽しそうに仕事をしているか、やりがいを持って作業をしているように見えるかなど)から、自分に合いそうか続けられそうかなどがだいたいわかるはず。

でも、一番難しいのは人間関係じゃないかなあ。。。

職場の雰囲気や社風はよくても相性が合わない上司や指導者がいるとか
一生懸命仕事を頑張ろうとしているのに、まわりは知らん顔で疎外感でいっぱいとか

ネットにも転職の失敗談はたくさん見受けられるけど
一部の特殊なケースを除いて「リサーチ不足」と「人間関係」のような気がします。

人間関係のほうは、時間が解決してくれる場合もある(仕事を覚えてくるとまわりの人の対応がよくなってくるとかね)けど、リサーチっていってもネットに情報が上がってない会社も多いし、面接会場が会社じゃない場合もあるし、一回の面接で会社の雰囲気なんてわかんないよー

↑ですよね?

そんなときのために「転職支援サービス」があるんです。20代の娘の実話ですが、ある転職エージェントに登録。このたび晴れて転職いたしました~!エージェントさんから紹介された会社は、自分ひとりで転職先を探していたら絶対に興味も関心も持たなかった会社。エージェントさん曰く「絶対、あなたに向いてる!」だそうです(^^;

転職エージェントを活用するメリットは、↑これだと思います。自分の向き不向きと会社が欲してる人材とのマッチング。

娘のその後についても、追々と書いていきますね。
今のところ、会社の雰囲気もあってるみたいだし不満は聞こえてきてません。。。(^^;


転職 失敗例

私自身4回の転職にアルバイトも合わせると数十種類の職場を経験したことになりますが、私より遅くその職場に入ってきた人のうち、辞めていった人、つまり「失敗」した人には共通の傾向があるように思います。そんな失敗例を思い返してみると。。。

まずは、ありきたりですが「忍耐力」かなあ。。。

「根性」って言っちゃえば若い人に嫌われちゃうかもしれないですけど、やっぱどんな仕事も楽しくない時期や楽しくないことってあるじゃないですか?そこは越えていかないと・・・ね?

このタイプの人って割とすぐには辞めない気がします。でも、ある日突然って感じかな?「えっ?○○さんって辞めたんだ」的な。多分その人にとってリミットがそこまでだったんでしょうね。

あとは、「プライド」かなぁ。。。

仕事ができない人に限って、変に「プライド」が高い人って多い気がする。明らかに理不尽なことを言われたりするならともかく、基本的に入りたての時期って職場にとってはウェルカム状態のはずなんですよ。だって、人が欲しくて採用したんだから。もちろん、「こいつ、どんなやつだろ?」的な探りはあるでしょうけど。

このタイプの人は、早ければ一日で辞めちゃいます(^^; もって1週間ってとこかなあ。だったら最初から来なきゃよかったのにって思いますけど。私は逆に「プライド」があるんで辞めないかな。根性なしって思われたくないから(^^;

でも、私のようなタイプは「人間関係」で辞めることが多いかも。。。

「人間関係」といってもホントは「信頼関係」なんですけどね。上司や社長に対するこちらの「信頼」が失われたとき、その職場に対する「魅力」が失われたときに、急激に働く「意欲」が失せるんですよねぇ・・・困ったもんです(^^;

あなたが転職したい「理由」は何ですか?
転職を「失敗」しないためには。。。

やっぱり豊富な情報ですよね?

転職会議は、転職に関する口コミ情報サイトです。
あなたが転職しようとする会社の口コミもあるかも?


転職会議

ちょっと息抜きにこんなのもありますけど↓

転職 面接

転職の際の面接って緊張しますよね?
あ、転職じゃなくても緊張するか(^^;

でも、面接って何のためにするんでしょうか?

今は面接の攻略本なんかも出版されてるし
ネットで検索すれば、どんな質問が出されて
どう答えたらいいかまで教えてもらえる時代。。。

だから、面接で聞かれることってだいたい想像がつくし
面接官もそんなこと承知の上で面接をやってるんですね。

それなら、なんで面接ってするんでしょうか?

実際、Yahoo!知恵袋に寄せられた質問に
複数の人事担当者が答えているんですが
その中のひとつがコレ↓
書類上は期待してお会いしたら考えていた感じではなかったとか、書類上では厳しいかもなと思っていてもいざお会いしたらとても良い方で採用になったという逆のパターンもざらにある
↑だ、そうです(^^;

そりゃ、そうですよね?
会って見なきゃわからないことって結構あるかも。。。

また別の現役面接官は↓
職務経歴は万全でもコミュニケーションスキルや聞く力、伝える力など、採用に重要な要素は会って話して見ないと解りません!
とも答えています。
でも、これって面接を受ける側にも言える話だと思いませんか?

つまり、面接を受けるために行った面接会場(通常は会社ですよね?)や
面接を行う面接官を通じて、その会社の雰囲気や社風のようなものを
感じることができるはず。

ネットであらかじめ調べていた印象と
実際に訪問して面接を受けてみた印象が
あまりにも違っていたら。。。

こちらから「御社の雰囲気や社風になじめそうにありません」と言って
お断りするくらいでいいのでは?

そういう意味でも「面接」を自己アピールの場としてだけと考えるのではなくて
こちらからその会社が自分に合っているかどうか見極めてやる!ぐらいに考えることができたら

変に緊張する必要はないかも?

そのためには事前のインフォメーションが大事だと思います。
そんなインフォメーションをくれるのは。。。

転職支援サービスや転職エージェント。
ここ、評判いいみたい(^^;